予備校での勉強になれるまでは大変でした。

学校の勉強ですらなかなかついていけていなかったのに、学校が終った後に更に勉強をするというのは大変なもので、同じようなことは中学校の頃もしていたわけですがレベルが上がると大変さも倍になるように感じました。 それでも学校の授業の遅れもカバーしてくれる形になっていたので、徐々に学力が上昇することになり二年生の中頃には学校の成績も上位に安定をすることになったので少し安心をしました。

それでも医学部を目指すのであればようやく挑戦権に手がかかったかなというぐらいのところでしたから、そこから更に上を目指さなければいけないわけで本当に大丈夫だろうかと少し不安になっていたのも事実です。 しかし、先生は二年生の段階でここまでくることができれば後一年あるから余裕で間に合わせることができると、励ましてくれたので、それを信じることにしました。 その言葉を信じてからは不思議とそれが現実になるような気がして、集中して勉強をすることができるようになりました。 それからは苦手なところはとことん潰していくことになり、得意な科目はそれを維持しながら更に上を目指すというやり方になっていきました。

覚えなければならないことは山ほどあったので、覚えきることができるかと思ったのですが教え方が良いので、大事なことをそれぞれ関連付けて教えてもらうことができるためひとつのことが全てにつながっていて効率よく覚えることができていたのです。 効率のよい勉強の仕方というのも教えてもらうことができましたから、家で勉強するときにもそれが役に立ち成績は更に急上昇することになりました。

そして、模試の結果でも合格圏内を超えるようになりいよいよ大詰めという所まで来たのです。

Next:::試験