プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも。

合格の可能性は高いというところでしたが、それでも八割程度という感じで五回に一回は落ちると考えるとかなり強いプレッシャーがありました。 何回でも挑戦できる八割であれば気持ちも楽ですが、一度失敗をしてしまうと暫くの間チャンスがないと考えると八割といえども安心をすることができませんでした。

そのため、本番当日問題用紙が配られた時にはどうにか解ける問題ばかりであって欲しいと祈っていました。 その祈りは通じて一問目からわかるものだったことで緊張がとけ、実力派すべて出し切ることができたのです。 これだけできれば八割の方は間違いないという手応えの元、合格発表を待ったのですが見事合格をすることができ念願の医学部に進むことができました。 ここまでこられたのも予備校の先生のおかげなので、本当に感謝しています。

おすすめ医学部専門予備校
全国医学部定員数一覧
Back to:::TOP